Comfortkeys

Comfortkeys は、Android 用の無料の日本語キーボードです。次のような機能が入っています。

腱鞘炎になりそうな人には一筆書き、フリックが苦手な人にはハーフ50音キーボード、誤入力で困っている人にはラージフリックがおすすめ。
一筆書きであれば、タップ回数(ディスプレイをたたく回数)が減るので、痛みを減らせます。
ハーフ50音キーボード であれば、フリックの方向を覚えなくても、入力できます。
ラージフリック であれば、ボタンが大きいので、押し間違いを減らせます。

また、QWERTYのアルファベット入力には、ダイレクト入力モードが有ります。通常モード(予測変換有り)で正常に入力できないホームページや、予測変換候補が邪魔な場合に便利です。

Google Play で手に入れよう

一筆書き の特徴

  • 海外の主要キーボードでは、一筆書きで入力できます。この入力方式は、スワイプや、ジェスチャー、グライドと呼ばれています。日本語キーボードでの採用例はわずかです。
  • Comfortkeysでは、次のキーボードで一筆書き入力できます。
      - ハーフ50音
      - ローマ字 QWERTY
      - Godan
      - 英字 QWERTY
      - 数字(10キー)
  • 使い方は、動画をご覧ください。
  • 入力ミスを減らすポイント1: 両手を使います。利き手以外でスマートフォンを持ち、主に利き手で入力するのです。
  • 入力ミスを減らすポイント2: ボタンの中央を狙って指を動かします。
  • 注意: フリック・ケータイ や ラージフリックでは、一筆書き入力できません。
  • 注意: 指でなでた軌跡は描かれません。

ハーフ50音キーボード の特徴

  • フリックせずに押すだけで、希望する文字を入力できます。
  • フリック入力のように、文字ごとのフリック方向を覚える必要がありません。
  • スマートフォンの小さな画面に合わせて、25音ずつ表示します。
  • シフトボタンを使って、もう一方の25音を表示します。
  • 50音全てを一度に表示することもできます。
  • 簡単なフリックの併用で、シフトボタンや濁点ボタンを使わずに入力することもできます。

ラージフリック の特徴

  • 大きなボタンのフリック入力です。
  • ボタンが大きいので、押し間違いが減ります。

その他

  • 通常のフリック入力や、QWERTY、GODAN のキーボードも入っています。
  • Google日本語入力のオープンソース版(mozc)を元に開発されているため、動作が安定しています。
  • インストール直後は ハーフ50音キーボード に設定されています。ラージフリック を選ぶには、設定が必要です。
  • ネットワーク未接続で使用できます。ヘルプや利用規約、プライバシーポリシーを見るときにはネットワーク接続が必要です。
  • 入力した情報は、当社や関連先には一切送信されません。
  • 開発を継続するため、定期的に広告の視聴をお願いするメッセージが表示されます。ただし、広告をご覧いただかなくても使い続けられます。広告を見るときにはネットワーク接続が必要です。

要件: Android 5.0 以上

インストール方法

インストール方法は、こちらをご覧ください。

共有